生技のミカタニュース

生技のミカタニュース

設計技術担当者様や生産現場の技術担当者様向けに、機械加工・FA技術・工場施設工事・メンテナンスに関するその時々で旬なコストダウン技術情報を掲載しています。
多くのお客様から「工数やランニングコストの削減につながった!」「こんな便利なものがあったのか!」など、大変好評をいただいております。
704.遮熱塗装で工場内の温度上昇を抑える!

※実際の写真ではありません。

先日、お客様から、「工場内が暑くて仕方ないんだけど、電気代も年々上がっていくし、冷房器具の使用を抑えたいんだ。何かいい方法はないかなあ」と相談を受けました。お客様に、「工場の屋根に遮熱塗装を行えば建物の表面温度を抑え、工場内温度の上昇を防げます。直近データでは遮熱塗装(『ミラクール』) 施工後、屋根裏面温度が47.1℃→35.5℃と11.6℃の温度低下、天井空間温度45.9℃→35.3℃と10.6℃の温度低下を記録しました。」とお伝えしたところ、大変興味を持って頂いたので即、塗装メーカー様と同行致しました。すると、お客様から、「うちの工場は窓が多いから、直接日が当たって暑いんだ。どうにかならない?」との質問。すかさず、「窓には遮熱シートをお薦めします。張るタイプと塗るタイプがございます」と提案致しました。「それはいいね。工場の窓だけでなく事務所の窓にも張れば、事務所のエアコン電気代も削減できるかな」との質問に対しては、「もちろんです。熱量算出シートがありますので、どれだけ省エネ効果があるかを一目瞭然に出来ます」と回答致しました。その後検討頂き、遮熱シートを含めた遮熱塗装の提案を採用頂きました。お客様からは、「塗装後、工場内が涼しくなったよ。事務所のエアコンも良く効くようになって、省エネ効果も期待できるよ。いい改善が出来たよ」と喜んで頂きました。



生技のミカタニュース