生産技術ニュース

生産技術ニュース

設計技術担当者様や生産現場の技術担当者様向けに、機械加工・FA技術・工場施設工事・メンテナンスに関するその時々で旬なコストダウン情報を掲載しています。
多くのお客様から「工数やランニングコストの削減につながった!」「こんな便利なものがあったのか!」など、大変好評をいただいております。
コストダウン技術情報Vol.37

PDF版こちらから >>PDFPDFファイル

価格競争力のある配管工事パートナーと全国どこへでもお伺いいたします!

image
※実際の写真ではありません。

先日、本社が神戸にある食品メーカーのA社様から、「関東工場の排水配管を更新したいんだ。でも、今関東工場に出入りしている配管工事業者に以前やってもらった配管が何度も水漏れを起こしてて不安だから、今回は何社かで相見積もりをするつもりなんだ」とお聞きしたので、「弊社も神戸の配管工事パートナーと関東工場にお伺いしますので、工事のお見積りをさせて下さい」とお願いすると、「いいけど、神戸から行くとなると高くなるんじゃないの?」とのご質問。即、「弊社のパートナーは価格競争力があり、現場が遠方であっても受注出来ています。弊社も遠方への営業活動を積極的に行っていますのでお任せ下さい。すぐにでもパートナーとご訪問いたしましょうか?」とお尋ねすると、「それなら一度見てもらおうか」とご依頼いただきました。後日、配管工事パートナーと共にご紹介いただいた関東工場のご担当者様を訪ね、現場確認を行いました。ご担当者様に、「配管径は既存のものと同じにして、厚みをSch40にすることで材料費を抑えることができます。材質は錆の心配がないSUSがおすすめです」とご提案し、工事時期や作業可能な時間、工事車両の駐車スペース等のお打合せもし、翌日にはお見積もりを提出。競合の関東の配管工事業者2社に価格で勝ることが出来、受注いたしました。A社様からは、「価格を抑えるいい提案をしてくれたよ。工事当日に起こった別配管の水漏れもスピーディーに対策してくれたから関東工場の工場長も大変喜んでいたよ。これから配管工事はすべて任せるね」とお喜びの声をいただきました。


各配電盤の電力を一括管理します!

image1

先日B社様から、「今、電力の監視を第一工場と第二工場で分けて監視しているんだけど、パソコンで一括管理をしたいんだ」とご相談を受けました。「お任せください! 省エネシステムを構築されるなら弊社パートナーで良いところがあります。電力の監視が一括管理出来るようになります」とお伝えすると、「工場ごとの監視じゃなくて、配電盤ごとの使用電力も見たいんだ」とB社様。「大丈夫です。各配電盤の使用電力を詳細に監視し、どの機械が電力を使っているかを見える化することが出来ます。最適なデマンド監視装置をご提案しますよ」とお伝えし、早速弊社パートナーと同行いたしました。「デマンド監視システムを構築して、使用電力の推移をグラフで表示出来ないかな? 」というご要望もお聞きし、「デマンド監視装置に大きなモニターを取付けてはいかがですか? そうすることによって、管理者がパソコンでしか見れなかったデータを現場全員で見える化、共有化することが出来ます」とご提案いたしました。「それは良いね。電気の使用量に対して、現場の意識も大きく変わりそうだね」とご評価いただきました。その後、取付位置や配線のお打合せを行い、受注となりました。B社様からは、「現場作業者の使用電力に対する意識が格段に変わったよ。これでうちも使用電力が抑えられそうだよ」とご期待の声をいただきました。