2016年度 大阪ナチ会定期総会

日時:2016年6月10日 場所:大阪府

弊社が得意として販売している分野の一つが、「切削工具・研削工具」の販売。その中でも特に力を入れて販売しているブランドの一つが、“不二越(NACHI)”製品です。今回、“不二越”様の特約店会『大阪ナチ会定期総会』に、弊社からは田中営業本部長が参加いたしました。

本間社長のお言葉

“不二越”を取り巻く経営環境は、国内での先行き不安や中国・ASEANをはじめとした新興国経済の成長鈍化が見られたものの、米国を中心とした先進国経済や海外の自動車生産の堅調な推移などで穏やかに回復した。
2015年度の売上は2185億円、前年より3億円増。営業利益は189億円、こちらも4億円増となった。2015年度は売上・営業利益共に創業88年の歴史の中で、過去最高の業績を上げられた。
2015年12月~2016年2月の第一四半期は売上519億円(増収)、経営利益33億円(減益)であった。
現在中国ではロボットの分野で大きく伸ばせている。今後“不二越”はロボット事業をさらに拡大させる。従来からのロボット単体販売からシステムを販売していく方向に大きく舵を切る。世界の様々な業種の自動化ニーズに対応していく為に、ロボットのテクニカルセンターを世界各地10カ所に開設するよう、現在スピードを上げて取り組んでいる。年内には全てのテクニカルセンターを開設する。テクニカルセンターを武器として、今まで増強してきた営業員をフルに活用し、ロボット単体を含めたシステムの拡販を強力に押し進めていく。
ロボットに重点施策を行っているが、ロボット以外の工具、軸受、油圧、マテリアル、工作機械に対しても、これまで以上に業績の拡大の為に取り組みを強化していく。商材の拡充を行い、売れる商品、売りやすい商品を増やす。工具は他社との差別化を図った超硬ドリル・タップの新商品投入を行う。軸受では高耐久サポート軸受、油圧では高圧ピストンポンプ、マテリアルでは自動車や産業機械向けの特殊材料、工作機械では産業機械向けの小型複合加工機などを順次市場に投入していく。
グローバル展開を行っていく上での“不二越”の基本的な考え方は、「日本で売れない物は海外でも売れない」「日本で作れないものは海外でも作れない」である。このような考え方をベースに、これからも“不二越”は、お客様にお役立ちできる新製品開発に取り組んでいく。

1

2016年度大阪ナチ会定期総会開催。

2

“不二越”本間社長様。


3

好調な業績。

4

力強い2016年下期方針発表。


5

和やかな懇親会。

6

“不二越”本間社長様と記念撮影。